カテゴリー別アーカイブ: こども

娘の家庭訪問が終わってホッとしています

先日、小学3年生の娘の家庭訪問がありました。
私が子供の時は、家庭訪問がすごく嫌でした。
多分30分くらい一緒に話をしましたが、すごい気まずかった記憶があります。
でも、まだ新学期が始まったばかりだし、娘は楽しく学校へ行っているので特に相談したいこともなかったので、世間話で終わりました。
娘も一緒に話を聞いていましたが、結構リラックスしていたので私の方がビックリしてしまいました。
多分、先生のことが好きなんだろうなと思いました。
特に話がなかったので、娘に自分の部屋へ案内させて、一通り見てもらいました。
一応、朝から家中を掃除したので、娘の部屋もキレイにしておきました。
我が家が一番最後だったので予定の時間よりも15分遅れで始まり、5分くらいで終わってしまいました。
先生は、遠慮してお茶もお菓子も手をつけなかったので、お菓子は持って帰ってもらいました。
とりあえず、家庭訪問という大きな行事が一つ終わってよかったです。
低身長男子

嫌な事も辛い事も子供にとっては社会勉強

子供に対する心配、悩みは常に尽きる事はありません。
その年代ごとに新しい悩みが出てきます。
でも、それは子供にとっての成長のチャンスだと考えると良いかもしれません。

私も以前は、何かあるたびに、心配で仕方ありませんでした。
お友達とケンカをしたり、先生に叱られたり、
大丈夫かなと思う事がたくさんありました。
でも、私たちが心配しているよりも子供の方が強かったりします。
次の日にはケロッとしている事もしょっちゅうでした。

子供たちは日常の中で良い事、悪い事も含め、色々と学んでいきます。
可愛い我が子なので、ついつい辛い思いをさせたくないと思ってしまいますが、
それでは、大人になった時に、辛い事に耐える事が出来なくなってしまうのです。
そう考えると、あまりにもひどい事があった時以外は、
これも成長する上での試練の1つだと思い、見守る事が出来るようになりました。

お子さんが辛い思いするのは、自分の事よりも辛いですよね。
でも、これもお子さんの社会勉強です。
心配し過ぎず、ゆったりと見守ってあげましょう。
身長 伸ばす 手術

いつも子どもにかまってしまいます

子どもの事が気になって仕方がありません。そのせいでいつも子どもにかまってばかりになってしまいました。今ではどこに行くにもついて行くようにしてるのです。世間でよくある犯罪から子どもを必死で守っているのです。それが親の使命だと思っています。でも最近ではそれが子どもをだめにしてしまっているように思ってきました。だからなるべく子どもにかまわないようにしているのです。
それなのに今までも癖なのか、私がいないと子ども自身が落ち着かないみたいです。私の事をとても必要としているのです。
でも子どもももう十二歳になりました。これから自分の世界をつくっていかないといけないのです。それなのに私の事を必要としてばかりで、一人では何もできなくなってしまったみたいです。私がそうさせてしまったのです。
でも今その事で私は悩んでいるのです。このままではいけません。何とか子どもを一人でなんでもできるようにさせないといけないのです。
低身長 原因